作家紹介

禾目利鉢

八代 宗像利浩 陶歴
白緑釉花器 宗像利訓




宗像利訓  ▼English version

1985年宗像窯八代当主宗像利浩の長男として会津美里町(旧会津本郷)に
生まれる
2005年東京都立短期大学 卒業
2007年京都伝統工芸専門学校(現 京都伝統工芸大学校)卒業
イタリア・ミラノ『MIA展』出品
2008年宗像窯にて祖父七代亮一、父八代利浩に師事
2010年裏千家東北大会にて記念茶碗制作
2012年福島現代美術ビエンナーレ出品
2014年ホテル椿山荘東京にて初個展開催
郡山市立美術館協議会委員に就任
出光美術館に収蔵
茨城県陶芸美術館「現代・陶芸現象」出品
2015年裏磐梯高原ホテルにて「宗像利浩・利訓 展」開催
2016年郡山市立美術館「没後20年 ルーシー・リー展」にて
ワークショップ開催
現代陶芸寛土里(ホテルニューオータニ,東京)にて個展開催
福島現代美術ビエンナーレ出品(大山忠作美術館)
2018年現代陶芸寛土里(ホテルニューオータニ,東京)にて個展開催
日本陶磁茶注展(上海マリオットホテル、中国)
第2回中国陶磁茶器コンテスト‘銀彩天目茶碗’銀賞受賞
(中国景徳鎮国際陶磁博覧会)
2019年万杯展出品(北京,中国)
中国・杭州個展開催
高島屋大阪店にて個展開催
2020年2020 International Virtual Tea Festival,USA
2021年東京アメリカンクラブ 個展
2020年度陶磁茶器最高栄誉賞 金賞

白緑水簾鶴首


宗像利訓

取扱い
 茨城県陶芸美術館ミュージアムショップ



花器 花器 掛分肩衝花入 白緑花器 白緑花器 白緑釉花器 白緑釉花器 白緑釉鶴首 白緑鎬花器 翠彩花器


鉄釉月白茶碗 銀彩天目茶碗 鉄釉茶碗 白緑茶碗 白緑釉掛分水指 緑釉水指 翠彩天目茶碗 翠彩天目茶碗 掛分筒茶碗 紫紅釉茶碗 鉄釉掛分釉茶碗 朱彩天目茶碗


白緑三足香炉 白緑香合 白緑釉香炉 緑釉香炉 翠彩香炉


茶器揃 急須 鉄釉土瓶 天目茶器揃 緑釉ティーポット 緑釉茶器揃


盃三趣 酒器 掛分ぐい呑み・掛分徳利 白緑ぐいのみ


組鉢 緑釉輪花向付五客 組鉢 組鉢 四方向付五客 舟形皿3種 切立鉢 白緑四方皿五客 白緑銘々皿五客


白緑切立鉢 器 器 器 器 ビスク 手付鉢 鉄釉平皿


宗像窯伝統の緑釉を改良した翠彩(すいさい)釉では、冬に降り積もる雪の淡いグラデーションから、春には芽吹きが始まり、やがて新緑に染まる会津の自然の情景を表現しています。


Toshinori Munakata Profile


In 1985 Born the eldest son of the 8th Master of Munakatagama in Japan
In 2005 Graduated from Tokyo Metropolitan college
In 2007 Graduated from Traditional Arts Super College of Kyoto

Solo exhibition

2014 Hotel Chinzanso Tokyo, Japan
2016 kandori gallery in Hotel New Otani Tokyo, Japan
2018 kandori gallery in Hotel New Otani Tokyo, Japan
2019 Hangzhou,China
   Takashimaya,Osaka,Japan
2021 Frederick Harris Gallery ,Tokyo American Club, Japan

Group Exhibition

2007 MIA Exhibition, Italy
2012 Contemporary Art Biennale of Fukushima 2012, Japan
2014 Phenomenon of Contemporary Ceramic,
   Ibaraki Ceramic Art Museum, Japan
2016 Fukushima Biennale 2016, Japan
2018 Japan Teapot Exhibition , Shanghai, China
2019 Million Cups, Beijing, China

Award

2018 Silver Prize, 2nd China Ceramic Tea Ware Contest, China

Workshop

2016 Koriyama City Museum Of Art, Japan

Public Collection

Idemitsu Museum Of Arts, Tokyo, Japan