作家紹介

禾目利鉢

八代 宗像利浩 陶歴
白緑釉花器 宗像利訓




八代宗像利浩 陶歴  ▼English version
瑠璃壺 宗像利浩作
 瑠璃壺(るりつぼ)  径39cm×高27cm
禾目利鉢 宗像利浩作
    禾目利鉢(のぎめとしばち)  径48×高12.5cm
1997年の第14回日本陶芸展において日本陶芸展賞を受賞し、2003年に文部科学大臣賞を受賞した八代の代表作です。作品名は作者(利浩)の名に因んで命名したものであり、NHKやきもの探訪「用の美を創る」で利鉢を中心として番組が作られ放映されました。

1957年

会津美里町(旧会津本郷町)に生まれる

八代目当主 宗像利浩

1977年

京都嵯峨美術短期大学陶芸科卒業(現京都嵯峨芸術大学)

1997年

第14回日本陶芸展「利鉢(としばち)」で準大賞(2003年文部科学大臣賞)

1998年

日本伝統工芸展初入選(2009年 日本工芸会正会員に認定される)
福島の新世代98展(福島県立美術館)

1999年

会津大学短期大学部非常勤講師となる

2000年

NHKBSやきもの探訪展2000(日本橋三越本店)

2001年

第16回日本陶芸展 推薦招待出品

2005年

第18回日本陶芸展招待出品(以後2007・2009・2011年)
宗像窯八代当主を継承する

2007年

現代陶芸への招待 日本とヨーロッパ(兵庫陶芸美術館)

2008年

日本橋三越本店 特選画廊にて個展

2009年

フォーシーズンズホテル椿山荘東京にて個展(以後2012年)

2010年

フランス パリ個展
「25年目の贈り物」展(福島県立美術館)
高島屋大阪店 美術画廊にて個展(以後2012・2015・2016年)

2011年

現代陶芸の地平を拓く(兵庫陶芸美術館)

2012年

福島大学客員教授に就任

2013年

東大寺に茶碗奉納
現代陶芸 寛土里(ホテルニューオータニ,東京)にて個展(以後2015年)

2015年

裏磐梯高原ホテルにて「宗像利浩・利訓 展」開催

2016年

第36回伝統文化ポーラ賞・地域賞 受賞
作陶40年記念個展(日本橋高島屋/高島屋大阪店)


収蔵
出光美術館
兵庫陶芸美術館
福島県立美術館





About Toshihiro Munakata, the 8th Master of Munakata-gama


In 1957, born in Hongo, Aizu
In 1977, graduated from Kyoto Saga University of Arts
In 1997, won the second prize in 14th Japan Ceramic Art Exhibition
In 2000, showed his works in an exhibition hosted by Japan Broadcasting Corporation (NHK)
In 2003, won the Commendation for Science and Technology by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology in the 17th Japan Ceramic Art Exhibition
In 2005, exhibited his works as the invited artist in Japan Ceramic Art Exhibition (throughout the following years)
In 2007, invited to the contemporary ceramic art exhibition in Japan and Europe
In 2008, held a solo exhibition in Mitsukoshi Art Gallery, Tokyo
In 2009, held a solo exhibition in Four Seasons Hotel Tokyo at Chinzan-so, Tokyo
In 2010, held a solo exhibition in Takashimaya Art Gallery, in Osaka and in Paris, France
In 2012, accepted a position as a visiting professor at Fukushima University and held a solo exhibition in Takashimaya Art Gallery, in Osaka
In 2013, dedicated a tea cup to Todaiji, Eastern Great Temple, in Nara, and held a solo exhibition in Hotel New Otani Art Gallery, Tokyo
In 2014, celebrated his 40th anniversary as 8th master and held a solo exhibition Hotel New Otani Art Gallery, Tokyo

A member of Japan Kogei Association





宗像利訓  ▼English version

白緑釉花器 白緑釉鶴首
白緑釉花器白緑釉鶴首
急須
※他の作品の画像につきましてはこちらよりご覧ください

宗像窯伝統の緑釉を改良した白緑(びゃくろく)釉では、冬に降り積もる雪の淡いグラデーションから、春には芽吹きが始まり、やがて新緑に染まる会津の自然の情景を表現しています。


1985年

宗像窯八代当主宗像利浩の長男として会津美里町(旧会津本郷)に生まれる

2007年

京都伝統工芸専門学校(現京都伝統工芸大学校)卒業
イタリア・ミラノ『MIA展』出品

宗像利訓

2008年

宗像窯にて祖父七代亮一、父八代利浩に師事

2010年

裏千家東北大会にて記念茶碗制作

2012年

福島現代美術ビエンナーレ出品

2014年

ホテル椿山荘東京にて初個展開催
郡山市立美術館協議会委員に就任
出光美術館に収蔵
茨城県陶芸美術館「現代・陶芸現象」出品

2015年

裏磐梯高原ホテルにて「宗像利浩・利訓 展」開催

2016年

郡山市立美術館「没後20年 ルーシー・リー展」にて
ワークショップ開催
現代陶芸寛土里(ホテルニューオータニ,東京)にて個展開催
福島現代美術ビエンナーレ出品(大山忠作美術館)

 

 

今後の予定
 平成30年2月25日(日)〜3月4日(日)
 個展 現代陶芸寛土里(ホテルニューオータニ,東京)

取扱い
 現代陶芸 寛土里(ホテルニューオータニ,東京)
 茨城県陶芸美術館ミュージアムショップ





About Toshinori Munakata


In 1985 born the eldest son of the 8th Master of Munakata
In 2007 graduated from Kyoto Traditional Art School, presented his works at “MIA Exhibition” in Milan, Italy, and apprenticed at Shussai-gama, Shimane Prefecture
In 2008 apprenticed the 7th Master of Munakata, his grandfather Ryoichi and the 8th Master of Munakata, his father, Toshihiro
In 2010 created tea cup as tribute to Urasenke, one of the main schools of Japanese tea ceremony, in Tohoku
In 2012 exhibited his works as the invited artist in Gallary Fukushima Biennale
In 2014 held his first solo exhibition at Hotel Chinzan-so, Tokyo, displayed in Idemitsu Museum of Arts, Ibaraki Ceramic Art Museum, and at Aizu Exhibition in Fukushima


His works can be purchased in New Otani Art Gallery, Tokyo and Ibaraki Ceramic Art Museum